1. TOP
  2. ノマドワーク
  3. iPhone、Androidのテザリングとは?セキュリティと料金、接続方法(WiFi、Bluetooth、USB)の比較

iPhone、Androidのテザリングとは?セキュリティと料金、接続方法(WiFi、Bluetooth、USB)の比較

iPhone、Androidのテザリングとは?料金、セキュリティと注意点

スマホにPCや他のスマホ、タブレットなどを接続してネットにつなげられるのがテザリング(正確にはスマホでなくてもいいのだが、だいたいがスマホをモデム、ルーターのようにしてネット接続するのが一般的)。

このサイトでは、ノマドワーカーや、会社員が会社帰りや出社前にカフェ、出張先のホテルでネットにつなげるといった状況を想定しており、モバイルルーターを持っていることが前提。なので、あまりテザリングは使わないとは思うが、状況によっては必要になることもあるので、まとめている。

そもそもテザリングとは

Wikipediaによると、テザリングとは、こう書かれている。

通信端末を内蔵したモバイルコンピューター(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。

引用:Wikipedia

要は、ネット回線が用意されている家やオフィスでなくても、携帯電話の回線につながっているiPhoneやAndroidがあれば、どこでもパソコンでネットができるようになるということだ。便利ではあるものの、制約もあるので、無制限に快適に使えるようにはならない。

テザリングにかかる制限

スマホから先のインターネット回線に関しては、3G回線、4G回線(LTE)なら暗号化されるので、問題ないと考えていいと思うが、スマホと端末(PCや他のスマホ、タブレット)の接続の仕方は考慮する必要があるだろう。

携帯電話の回線を使うので、WiFiでネット接続したスマホではテザリングできない

テザリングのイメージ図
テザリングは携帯電話の回線を使う

通常、テザリングする場合には、スマホの回線は3G回線か4G回線(LTE、ドコモならXi)になる。なので、例えば、0002softbankなど、携帯キャリアが用意しているアクセスポイントにスマホを接続して、テザリングすることはできない。

やってみると分かるが、スマホがWiFiでネット接続しているときにテザリングしようとすると、WiFiかテザリングどっちかにしろ、というアラートが出る(iOSの場合)。なので、通常、テザリングをするということは、3G回線か4G回線(LTE)での通信になる。

なお、USB接続のテザリングだとエラー画面は出ないので、接続できているように思えるが、実際にはできていない。IPアドレスを確認したり、スピードを計測したりすると分かる。また、3G、4G(LTE、Xi)回線を使わない設定にすると(モバイルデータ通信をオフにする)接続できなくなる。あくまで、iOS8でiPhone6の場合ではあるが、他でも同じだろうと推測できる。

スマホがWiFiでネット接続しているとテザリングはできない
iPhone(iOS8)をWiFiでネット接続した状態でテザリングしようとすると、アラートが出る

何かと頑張れば、おそらく抜け道はあるとは思うが、そこまでしてテザリングしなくてもいいのでは?と思う。それに通常では使えないようにしているので、利用規約に反するかもしれない。

データ通信量による速度制限。

今のスマホは高速で通信できるデータ量の上限を超えるとかなり遅くなってしまうので、テザリングしすぎで上限を超える可能性がある。メールやチャットを使うくらいなら使えると思うが、だいぶ遅く感じるので、使いにくくなる。

高速通信ができるデータ量の上限は、契約によるので一概に言えない。私はそこまで使わないので、月2Gのソフトバンクのプランにしている。

テザリングにかかる料金

どんな契約かによるので一概には言えないが、ソフトバンクならスマ放題というプランに入っていれば、テザリングの料金は発生しない。

auのテザリング料金

こちらのauのテザリングオプションのページによると、こうなっている。
auのテザリング料金

ドコモのテザリング料金

こちらのドコモのテザリングのページだと、分かりにくいが、こう書かれている。

注意「Xi」(クロッシィ)契約でテザリングをご利用時のパケット通信料金は、パケット定額サービス、データプランをご加入されている場合、追加料金はかかりません。契約されているパケット定額サービス、データプランの上限額でご利用いただけます。

注意FOMA契約でテザリングをご利用時のパケット通信料金は、FOMAパケット定額サービス(パケ・ホーダイ フラットなど)をご加入されている場合、「外部機器を接続した通信」の上限金額となります。詳しくは各料金プラン・定額サービスの上限金額はパケット定額サービスで確認ください。

引用:ドコモ

ソフトバンクのテザリング料金

こちらのソフトバンクのテザリングオプションのページによると、こうなっている。

ソフトバンクのテザリング料金

Y!mobileのテザリング料金

こちらのY!mobileのテザリングオプションのページによると、機種によって使える、使えない、申し込み要不要があるようだ。

Y!mobileのテザリング料金

MVNOのテザリング料金

MVNOの場合は、別途量金が発生することはないと思っていいが、使うスマホによってはそもそもテザリングができないこともあるので注意。詳しくはこちらのSIMチェンジといサイトが参考になる。

テザリングのセキュリティ

テザリングで考慮するセキュリティ
テザリングで考慮するセキュリティの部分

スマホから先の通信は傍受されても解析できないはずだし、そもそも対策のしようがないので、考えるのは、PCとスマホの接続部分。説明が面倒なので、スマホに接続してPCでネット接続するケースを想定する。

そもそも、そうそう狙われることもないと思うので、そこまで心配する必要はないとは思うし、セキュリティは完璧にはできないものの、あらかじめ分かっていて対策できることはやっておいて損はない。

結論から言うと、セキュリティはUSB接続が最も安全。PCのバッテリーの持ちが気にならなければ、USB接続が最適。

WiFiでテザリングは、パスワード次第でまず安全

WiFiで接続する場合には、WEP、WPA、WPA2で接続するので、先ほど書いたとおり、WPA2が最も安全だが、WPA2パーソナル(PSK)の接続になるので、事前にパスワードを決めておく必要がある。そのパスワードが強固なら問題は少ない。

ただ、ソフトバンクのテザリング設定( iPhone )のページを見ると、STEP7に、90秒以内にiPhoneとPCを接続しなくてはならないとある。

iPhoneのWiFiテザリング接続は90秒以内に接続する必要がある

となると、そこまで強固なパスワードは難しいかもしれない。

Bluetoothでテザリングは危ない?

Bluetoothでテザリングする場合、Bluetooth経由でメールの内容が丸見えにに書かれているように、ペアリングする際に使われるPINコードが簡単な場合があるので、危険としている。

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)によると、20文字以上のランダムなパスワードを推奨しているので、それ以上のものにしておけばいいだろう。

USBでテザリングは、まず安全

USBケーブルでPCとスマホを有線接続するため、第三者がデータを傍受することはまずできない。そのため、安全と言える。

テザリングの接続方式(WiFi、Bluetooth 、USB)のメリットとデメリット

Bluetoothテザリングのメリットとデメリット

Bluetoothでテザリングする際のメリットは、ワイヤレスで繋げられるのでコードが邪魔にならないし、USBのポートをふさぐこともないこと。ということ、PCの電池の消耗が少ないということ、そして複数台のPCやタブレット、他のスマホが接続できること。

デメリットは、通信のスピードが遅いこと。Bluetoothでのデータ通信の速度は2Mbpsなので、それ以上はどう頑張っても出ない。なので、複数台つなげたとしても、遅いのであまり意味はないだろう。

そして、セキュリティの項でも触れたとおり、簡単なパスワードで接続するとなると、パスワードを破られることになりかねない。

WiFiテザリングのメリットとデメリット

WiFiでつなげてテザリングする際のメリットは、Bluetoothと同じくワイヤレスでつなげられるので、USBのポートはふさがないし、コードが邪魔にならない。そして、複数台のPCやタブレット、スマホなどが接続できること。速度は、規格にもよるがIEEE 802.11bという1999年に制定された古い規格でも、データの転送速度は11Mbpsとなっている。

デメリットは、電池の消耗がBluetoothよりは激しいこと。セキュリティはUSBに比べると劣るが、ちゃんと強固なパスワードにしてWPA2で接続すれば、ます安全。

USBテザリングのメリットとデメリット

USBメリットは、速度が最も速い。USBの伝送速度はUSB2.0で480Mpbs、USB3.0で5Gbps(実質的には4GBps)なので、Wi-Fiよりも断然速い。(USB1.0は12Mpbsだが、さすがにUSB1.0を使っているPCは使わないだろう)
また、USBケーブルで有線接続するので、データを傍受することはできないため、最も安全と言える。

デメリットは、1台しかつなげないこと、iPhoneの場合、iTunesががインストールされている必要があること、USBがつなげない機器は接続できないこと。

テザリング方法の比較(USB、WiFi、Bluetooth)

テザリングの方法について表でまとめるとこうなる。Bluetoothのメリットがあまりないように思えるが、PC以外のものと接続したい場合に使えることがある。

テザリング比較表(WiFi、Bluetooth、USB)

テザリングのやり方、設定方法

設定方法は機種やOSの種類、バージョンにより変わるので、ヘルプなどを参考にするといい。例えば、iPhone(iOS6)の場合は、ソフトバンクのページを見ると分かる。iOSのバージョンの違ってもそれほど変わらないと思うので、設定できるはず。

まとめ

テザリングをするには、セキュリティの観点でも、スピードの観点でもUSB接続が最もいいことになるのでお勧め。バッテリーが気になる場合には、セキュリティを考えると、WiFiで接続するのがいい。バッテリーがなくてどうしようもないなら、Bluetoothでという形がいいかと思う。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

iPhone、Androidのテザリングとは?料金、セキュリティと注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(水道橋、後楽園、春日、本郷三丁目)

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(恵比寿、広尾)

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(上野、御徒町)

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(原宿、表参道)

  • 夜3時寝の夜型から朝5時起きの早起きに変われた7つの方法

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(新宿)