1. TOP
  2. カフェ
  3. コインスペース渋谷に行ってみたので電源、WiFi雰囲気などのまとめ→閉店

コインスペース渋谷に行ってみたので電源、WiFi雰囲気などのまとめ→閉店

コインスペース渋谷に行ってみたので電源、WiFi雰囲気などのまとめ

<4月2日追記>
残念ながら2016年の2月いっぱいで閉店したそうだ。

コインスペース渋谷に行ってみた。ここは時間制のカフェのようなところ。カフェやコワーキングスペース、会議室としても使える空間だ。カフェのような感じで来る人、勉強する人、ノマドワーク(要は自宅オフィス)の人や、移動の合間に時間をつぶすためにフラッとよりたい人が来ている。

以前はJR渋谷駅の西口にあった東急の建物のところにあったのだが、東急の閉店に伴って109の交差点のところに移動した。

どんなものか試しに午前10時15分頃から閉店の22時間までずっといたので、そのレポート。限界までいてみようと思って意気込んだはいいものの、さすがに疲れた&尻が痛かった……。

良い感じの雰囲気で、電源もほぼ確保できるし、WiFiも暗号化されてないが比較的速いので、渋谷で場所に困ったら行ってみるのはお勧め。

※画像はコインスペースの公式ページより。

営業時間と料金体系

変更があり得るので、詳細はコインスペースの公式ページを見たほうがいいが、今のところ、

営業時間は、曜日に関係なく朝の10時から夜の22時間。

料金は、
10:00~12:00:100円 / 20分
12:00~20:00:100円 / 12分
20:00~22:00:100円 / 20分
となっている。

最大料金は1,500円(学割1,000円)なので、12時間いても1500円。

混雑具合

渋谷コインスペースの混雑具合は公式サイトを見ると分かる
画像:コインスペース渋谷

行ったのは土曜日。午前中は人がほとんどいなかったが、昼頃からだんだんと人が増えてきて15時くらいになるとフリースペースは、ほぼ満席となった。その後、夜になるにつれて人が減っていき、21時くらいはだいぶ減った。

公式ページに混雑具合が表示されるので、行く前に見ておくといい。

設備

コインスペース渋谷にある設備
画像:コインスペース渋谷

設備や使えるものは画像のとおり、けっこういろいろとある。

コインスペースは、カフェとは違ってあくまで空間を提供しているところ。なので、スタバみたいにまずは飲み物をオーダーして、ということはない。

  • コインスペースの座席
  • 電源コンセント
  • ネット環境
  • 飲食関連
  • トイレ
  • 喫煙

に関して。

スペース、席数

コインスペース渋谷の内部
画像:コインスペース渋谷

オープンスペースとプライベートスペースがある。作業スペースとして一人で使うならフリースペースになるだろう。席によっては椅子が固くて、ずっといると尻が痛くなってくる……。

電源コンセント

全ての席に電源がついているかと思いきやそうではない。壁際はほぼついているが、ないところもあるので注意。

壁際でない島の席は床に電源コンセントがあって、ちょっと使いにくいところもある。席によっては少し遠い位置にあって、全席で使えるとは思うが、ちょっと無理しないとダメなところもある。隣の人がコンセントの線に気付かず、足にひっかかってしまうこともあるようだ(実際に目撃した)。

飲食関係

飲物は、玄米茶と麦茶、ウーロン茶が飲み放題。それぞれアイスとホットが用意されている。あとは、水とお湯も無料。あとは有料でコーヒーやジュースが飲める。有料のドリンクは、よくあるカップの自動販売機のものが一杯50円。少し質の良いコーヒーは、他にも、100円でより品質の高いコーヒーも飲める。

コンビニで買ったものを持ち込み可能なため、食事もできる。お湯もあるのでカップ麺も食べられるが、スープを捨てるところはなかったように思う。

あとは電子レンジがあるので、コンビニで何か買ってきて温めるとか、家から持ってきたものを温めて弁当と一緒に食べるといったことも可能。

トイレ

もともと居酒屋だったところを改装して使っているようなので、居酒屋のトイレを想像したらいいと思う。ごく普通のが男女別にフロア内にある。

喫煙

オープンスペースでは禁煙だが、喫煙室があって比較的トイレに近いので、トイレに行ったら煙のニオイが漂ってきた。オープンスペース内でも場所によってはタバコの煙が入ってくる可能性はある。

ネット環境

特に案内はなかったが、SSIDを見るとそれらしいのが見つかった。スタバのようにあってもほぼつながらず意味をなさないWi-Fiではなく、きっちりつながる。また、ソフトバンクのWi-Fi(softbank0002)もあり、普通につながる。auとdocomoもおそらくある。

Wi-Fiの速度は50Mbpsは出る

混雑状況20%未満のときの状態と、ほぼ100%のときとで計測した。

2016年1月30日の10:30頃に計測(混雑状況20%未満で空いているとき)。
コインスペース渋谷のWi-Fi速度(空いている状態)

こちらは、2016年1月30日の10:30頃にVPNに接続して計測(混雑状況20%未満で空いているとき)。VPN Gateで提供されているVPNを使った(L2TPではなくOpen VPN)場合。
コインスペース渋谷のWi-Fi速度(空いている状態 VPN Gateにて提供されているVPNサーバにOpen VPNで接続)

こちらは混雑具合ほぼ100%のときに計測(2016年1月30日の15時くらい)。VPN接続したままでしか計測していないが、そこまで落ちていないので、VPNにつなげなければ50Mbps近くは出そう。

コインスペース渋谷のWi-Fi速度(ほぼ満席状態 VPN Gateにて提供されているVPNサーバにOpen VPNで接続)

Wi-Fiセキュリティは暗号化なし

コインスペースのWi-Fiは暗号化されていないようだ。なので、悪意を持った人には簡単に傍受される。もっとも、たとえ暗号化されていたとしても、どうせ共通パスワードが店に行けば分かるので、多少の抑止力がある程度であまり意味はないが。

この辺のセキュリティに関する詳細はこちらにまとめてある。実際にはそうは悪用されることはないので、そこまで気にする必要はないと思うが、知ってて大丈夫と判断するのと、何も知らずにいるのとではちょっと違うかなとは思う。

ノマドなら知らないとまずいカフェや外出先でのWiFiネットセキュリティ対策

雰囲気

渋谷のコインスペースの雰囲気1 渋谷のコインスペースの雰囲気2

内装はコインスペースの公式ページにある写真と相違ない感じで、なかなか良い雰囲気。いいところだけ撮影して実は……というところではない。来ている人はフリーランスっぽい人が多く、学生が勉強をしていることもある。仕事の打ち合わせをしているような人もいるが、そこまで騒がしくもない。普通のカフェのような雰囲気。

まとめ

時間制なので、スタバなどと違って長居してもあまり気にならない(上限は1,500円で先に払えば再入場も可能)。さすがに12時間はいすぎたなとは思うが……。また、個人はダメなようだが、法人だと月1万円で通い放題のプランがあるので、法人に所属していてよく行く人は、かなりお得な気がする。

ただ、雰囲気はいいのだけれど、WiFiが丸裸なのは精神衛生上、あまりよくないなと思えた。あとはフリードリンクが魅力的ではないので、たまに行く分にはお勧めだし良いとは思うが、メインとして頻繁には使わないかなと思えた。

なお、渋谷ならConnecting The Dotsやシェアオフィスでもあるありんこオフィスもある。また、法人登記はできないが、コインスペースと似たようなところはbeezがある。 beezも2016年4月で閉店。

スタバに限って言えば、こんな感じであるので、渋谷で作業スペースの空間を求めている人は参考にしていただければと思う。

スタバ電源コンセントWiFi情報(渋谷)

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

コインスペース渋谷に行ってみたので電源、WiFi雰囲気などのまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • スタバカードが刷新!新スタバカード・アプリの8つのお得ポイントとは?

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(池袋)

  • スタバでお得なクーポンをもらう方法と9種類あるクーポンの詳細

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(秋葉原)

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(高田馬場)

  • スタバ電源コンセントWiFi情報(恵比寿、広尾)