1. TOP
  2. コラム
  3. 小学生が起業し、アプリ制作で会社を設立した話

小学生が起業し、アプリ制作で会社を設立した話

小学生が起業し、アプリ制作で会社を設立

2011年、なんと年齢7歳の子供がiPhoneアプリを開発して投資家向けにプレゼンテーションを作り、出資を受けて会社を設立してしまったそうだ。(※写真はイメージであり、本人ではない)

彼はプログラミングの天才、といわけではないので、自分一人でアプリを開発したわけではない。

プログラミングのできない歳児がどうやってアプリを作り、販売したのか?

こちらのこども店長を超えた! 7歳にしてゲーム開発会社を設立した少年が現れるによると、アプリの開発者を自分で選んで、何度か打ち合わせをしながらアプリを作り上げたそうだ。親は最低限のことしか手伝っていないらしいのでたいしたもの。

自分のやりたいことを他人の力を借りながらでも、成し遂げる。大人顔負けの素晴らしい少年。起業家の行動そのものだと思える。

ちなみにこのアプリ、なかなかの高評価で30人以上が評価をして、星は4.5個と上々だった。今は、ダウンロードできなくなっており、専用につくったサイトも、すでになくなってましっているが、一体、彼はどんなアプリをいくらで販売したのか?

7才児が開発したアプリとは?

7歳で起業した少年がつくったアプリ、toaster pop
画像:KOTAKU

彼が開発したアプリはToaster Popというゲーム。価格は0.99ドル。彼は1億円も2億円も稼いだわけではないだろうが、こうしてゼロからビジネスを作って売上げを立てたということはすごいこと。

アプリの善し悪しや売れた売れないはどうでもいい

どれほどダウンロードされたかは分からないし、売上げも不明だがゼロではない。たとえ儲けがなかったとしても、この経験は非常に大きいだろう。

アイデアしかない自分でもアプリをつくって売れるということが経験できたのは自信につながるものと思える。自信がないからやらない or やれないという人は多いが、自信は後からついてくるとも言える。初めから自信満々の人はそうはいないし、単に自信過剰なだけの場合もある。

ビジネスのポイントは?

アイデアを思いついたらそれで終わりにせず、しっかりと行動に移したこと、自分には資源がなくても他人の力を借りて事を成したことの2点が素晴らしいと思える。

多くの人は思いついたらそれで終わり。あるいは、アプリのアイデアは思いついたけど、

  • 作り方が分からないから・・・
  • 売れるか分からないから・・・

などなどできない理由を探して結局何もしない、というケースがほとんどだろうから。

あるいは、

  • 今までたいした経験もなければスキルもない
  • 普通の人生を送ってきている自分なんかにビジネスアイデアなんて思いつくんだろうか?

といったように自信がないケースも多いように思える。

でも、7歳の子供ですらできたわけだから、大人ができないはずがない。同じように行動に移せなかったり、自信がなかったりしても、やってやれないことはないはず。必要なのはちょっとした勇気。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

小学生が起業し、アプリ制作で会社を設立

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 会社・仕事を辞めたい、でも言えない方へ。私はこうして辞めました

  • 拡大するネット通販の市場規模とその裏で着実に儲けを出す業界とは?

  • Webデザイナーが消滅の危機!?コンピュータ化で失われる職業

  • 2人の似た男の人生と、藤田晋さんが考える成長の早い人

  • スモールビジネスの起業で失敗しないための“近道”をTED動画から学ぶ

  • ついに人工知能が人の仕事を“奪い”始めた