1. TOP
  2. アイデア、発想
  3. 失敗、誤発注をお金をかけずに集客、販売に変えるマーケティング

失敗、誤発注をお金をかけずに集客、販売に変えるマーケティング

失敗、誤発注をお金をかけずに集客、販売に変えるマーケティング

人間、誰もがミスを犯すもの。多くの場合、ミスは損失につながるのが普通だけれども、場合によっては損失どころかプラスに働くこともある。あるいは、思ったより損失につながらないようなケースもある。

ちょっとした考えや、やり方の違いによって結果が変わることはよくある話だが、ミスをうまくプラスに持っていくようなアイデアは秀逸で、窮地に陥ってもなんとかなるという可能性があるということを教えてくれる。

ということで、いくつか事例を。

ビールを大量に破壊した従業員が65万ドルの広告効果

こちらはうっかりミスでビールが積まれていた山に触ってしまい、ガシャーンとビール瓶を割ってしまった男性。やってしまったのは、アルゼンチンのキルメスというビール会社の従業員。2015年の6月の出来事。

会社は、Twitterを使って#TheDudeWithTheCratesというハッシュタグ(※)とともに、この従業員を探すことにした。といっても、責めるためではなく、なんとサプライズとしてサッカーの観戦チケットをプレゼントするため。そうしようと決めるまでに、いろいろとあったのだろうけれど。ソーシャルメディアをうまく使ったら何かしらプラスになるかも、と思ったのだとは思える。

上記の動画によると、結果、リツイートは10万回、YouTubeでは200万回再生もされたそうだ。65万ドル相当の宣伝価値があったとのこと。


ところで、アルゼンチンなのに何で英語でTwitterを?と思ったら、実際にはスペイン語のようだ。上記の動画は伝え安くするために英語にしているだけに思える。というのも、いくら英語の#TheDudeWithTheCratesで検索しても出てこない代わりに、スペイン語の#ElPibeDeLosCajonesで検索するとツイートが出てくるからだ。

おそらくはこれが元となるツイートかなと思える。これだけ見ると、リツイート数はそこまでないが、いろんなところで話題になっているので、トータルで見たら確かに10万リツイートくらいいってそうな感はある。

大量誤発注のミスを挽回して完売した事例

大量誤発注のミスを挽回して完売した事例

あとはミスがプラスに変わった例は、ここ数年でちょこちょこ見かける誤発注だろう。これも、禍を転じて福となすといったところ。

ここ数年で3例か4例は見ている気がするので最近は見かけても、最初に知ったときのような驚きはなくなってきたが、話題になる度に毎回成功しているように思えるのは驚き。もちろん、その裏では損失につながっているケースがたくさんあるとは思うし、安売りしているケースが多いので、単体ではプラスではないかもしれない。

最初にやったのが誰かは知らないが、よくやったものだなと思える。お客さんにお願いするなんてアイデアは思い浮かばず、諦めて破棄してしまった人もいるだろう。

以下、誤発注の例を少し。

近畿大学で誤発注

2016年5月17日。近畿大学の生協で発注ミスがあったそうで大量のミルクティーが店頭に並んだ。通常の10倍の量を発注してしまったそうだ。しかしながら、生協の買ってください案内がTwitterでだいぶ話題になったせいもあってか、2日間で完売したとのこと。

同じような境遇にいる人の話だとWebの発注の場合、単位が違っていることに気付かずにやってしまい、ミスが発生がちなんだそうだ。

香川県のコンビニでミルクティーの誤発注

2012年の7月、香川県のコンビニでの誤発注。20本発注するつもりが一桁間違いで200本の発注をしてししまったが、Twitterによる拡散のおかげで認知されて完売したそうだ。ねとらぼの記事によると、9000リツイートされたらしい。

京都教育大学の生協でプリンの大量誤発注

こちらは2012年の11月、京都教育大学の生協でのプリンの誤発注。発注ミスは4000個という数字がツイートされているが、詳細は不明。他の大学生協にも協力してもらったようで、こちらで京都大学の売り上げ数がツイートされている。1400個を京大だけで売ったとあるので、4000個というのも納得がいく気がする。

北九州市立大学の生協でポッキーの大量誤発注

こちらは生ものではないので日持ちするとはいえ、3200個というとんでもない数。11月11日のポッキーの日に合わせて仕入れる際に、10箱単位なのに気付かず10倍の数が届いたそうだ。

こちらもTwitterなどのソーシャルの力と学生の協力があって12日で完売。

兵庫県のローソンで誤発注

こちらは兵庫県は明石市のローソンにて。コーヒー牛乳を9本発注するつもりが900本も発注。こちらも最終的には売り切ることができたそうだ。

9本のつもりが900本に コンビニの「商品を大量に誤発注」は本当にありえるのか? 発注システム上エラーやアラートがあるのではとの声
※ミルクティ、プリン、ポッキーの誤発注についてもっと知りたい場合は、こちらのリンク先にそれぞれまとまっているので、参考にどうぞ。

という記事のとおり、ここまで続いたらアラートが上がりそうだと思うのが普通な気がするのだが、そのとおりでちゃんとアラートはあがるらしい。

でも、それでも気付かずに間違ってしまったり、本当に必要な場合もあるので発注できなくすることはできないとのことで、ヒューマンエラーはまだ続きそうだ。

まとめ

悪気がないのにやってしまったことや誰かのためになるようなことは、ソーシャルでウケがいいような気がする。窮地に陥ってもアイデアひとつで何かしらの道はあるものだなと思わせてくれるのはありがたいこと。

ただ、悪用する輩が出てきて誤発注マーケティングなんてのをやりそうな気がしないでもない。十中八九ばれると思うので、無駄だとは思うが、もしやってしまって見つかったら、信用はがた落ち。ソーシャルはプラスもマイナスもどんどん広がるので、かなりのハイリスクに思えるので、そんな輩が出ないことを願いたいところ。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

失敗、誤発注をお金をかけずに集客、販売に変えるマーケティング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 広告に載せる商品数の違いで6倍も差が出る

  • ビジネスで役立つ心理効果(アンカリング効果、松竹梅)

  • なぜ、お客のいなそうな街のそば屋が潰れないのか?

  • サラリーマンがネットで副業からビジネスを立ち上げた事例

  • 見せ方を変えただけでわずか半年で業界トップになったマーケティング

  • あなたの商品が売れない理由(TED動画)と売れるようにするための3ステップ