1. TOP
  2. ビジネス
  3. なぜ、客のいない小さな八百屋の経営がうまくいくのか?〜見えない利益〜

なぜ、客のいない小さな八百屋の経営がうまくいくのか?〜見えない利益〜

なぜ、客のいない小さな八百屋の経営がうまくいくのか?〜見えない利益〜

なぜ、この店はお客さんがあまり入っていないのに続いているんだ?と思ったことはないだろうか?

例えば、田舎街の八百屋さんだったり、服屋さんだったり。スーパーやコンビニ、ショッピングモールができてお客さんをだいぶもっていかれているように思えるのに、なぜかつぶれずにずっと続いているような店だ。なぜ、そうした店が残っているのか?見えないところでどうやって稼いでいるのか?をまとめたみた。

なぜかつぶれない八百屋

八百屋がつぶれない理由

実家に帰ると、気付いたら高齢者の施設ができていたり、葬儀場ができていたり、店がなくなっていたりと、様子がたまに変わっていることがある。一方、昔から変わらず、ずっと続く店もある。中には改装してキレイな店舗で商売を続けているスポーツ店さえある。

前に、さおだけ屋はなぜ、潰れないのか、という本が売れたが、さおだけ屋に限らず、先のお店のように何でつぶれないの?と思う店はけっこうある。

他にも、例えば八百屋。

あまりお客さんが入っていないような店なのになぜかつぶれない。近くにショッピングモールができたり、スーパーがあったり、コンビニでも野菜を売るようになったりしても続いている。そんなに八百屋というビジネスは儲かるのだろうか?
 

小さな八百屋がつぶれない仕組み

当然、そうしたつぶれない八百屋は、店にやってくるお客さんにだけに売っていては儲からない。彼らの儲けの仕組みは他にある。

  • 野菜を必要としている人はどんな人か?

  • 普段、私たちはどういった形で野菜を食べているか?

  • 野菜を消費しているところは?

を考えると分かってくると思うのだが、そういった八百屋が儲かっているのは、業者に販売しているから。

農家がつくった野菜は農協などが買い取って、卸業者にわたり、市場でせりにかけられる。だが、せりには一般人は参加できず、八百屋などの小売業者でないと仕入れはできない。

八百屋は、仕入れた野菜を個人にも売るけれども、飲食店や給食センター、さらには動物園や水族館があればそこにも売っているのである。業者相手だと取引量が大きくなるので、儲けの絶対量も増える。

店だけを見ていては分からないところで、実は儲けがでているということだ。

田舎のスポーツ店や靴屋、服屋がつぶれない理由

八百屋以外にも似たような店がある。スポーツ用品店に靴屋、服屋、そして、文房具も扱う本屋だ。私が実家に帰る度に、なぜつぶれないのか?と思っていた。

業者を相手にすると考えてみると、すぐに思いつくのは学校。近くの学校の体操着や運動靴、制服を売っていたり、学校で使う文房具やボールなどのスポーツ用品などを売っていたりする。だからいつも一定の需要があって利益が出ているというわけだ。

客のいないCDショップは、なぜ続く?

客のいないCDショップは、なぜ続く?

他にも、づぶれないお店としてCDショップなんかがある。私が高校生や大学生の頃にちょくちょく行っていたCDショップがそうだ。

その店は、品揃えはさほど多くなく、ヒットチャートなどとは完全に無縁で日本人アーティストの曲はまったく置いていない。扱っているのは、全て海外のアーティストでロックだけ。当時は、まだiTunesなどはなかったなので、今よりは状況はマシだったとは思うが、それでも、もっと大きなCD店は他にあった。

そして、そのお店にはいつ行っても、お客さんがいない。常連だったので、行くとコーヒーを出してくれていろんな曲を聴かせてくれたのだが、1時間くらい居座っても他のお客さんが来ることはほとんどなかった。

だからといって業者にCDを売っているわけでもなかった。

では、なぜ儲けが出ていたのか?というと、常連がまとめ買いをするから。私も行く度に何かしら買っていたし、店主の知識が豊富で次々と話をしてくれて、しかも試聴までさせてくれる。なので、つい買ってしまうのである。

その店は、3.11の震災の影響で建物を取り壊すことになって、もう辞めてしまったが、固定客をうまく捕まえていた。道楽半分ではあったと思うが。

つぶれない、さびれたおもちゃ屋さん

つぶれないおもちゃ屋

大口の学校や法人などと取引がなくても、固定客がガッツリとお金を使ってくれなくても、ずっと続いている店もある。私の実家のある街にあったあるおもちゃ屋さんがそうだった。今は店主が亡くなってしまい店もなくなってしまったのだが、明らかに売れてなさそうなのに、お金をかけて店を改装してずっと続けていた。

ホコリをかぶった昔のおもちゃが並び、最新のおもちゃの扱いはほぼゼロ。お客さんもいなくて、まず売れていないだろうと思えるお店。途中、格闘ゲームのブームのときにゲーム機を置いたのをきったけに、子供がよく来るようになったものの、100円のゲームじゃ儲からない。

そのお店の場合は、どんな利益の仕組みがあったのだろうか?

実は、単に店主が土地をたくさん持っていて不動産収入で何とかしているだけ、というところのようだった。聞いた話なので、実際のところはどうか分からないが、店の収益は気にせず、道楽でやっているような状態だったのは確かだろう。中にはこんな店もある。

実はネットで売れているというケースは、ほぼないと思っていい理由

ちなみに、ネットで売っていて実店舗は儲けていないというケースもあるとは思う。実際、私の知り合いの文房具屋さんはネットショップをメインにして実店舗は閉じてしまった。ネットで相当な数を売っており、実店舗のある街は過疎化が進んでほとんど売れないからだ。加えて、業者にも文房具をドカッと売るので、その利益もある。

が、そうしたネットで売れるから実店舗はほぼ売れなくてもいいという例は、ほんの一部だろう。

というのも、店舗で売れない物は、ネットでも売れないのが普通だからだ。なぜか、ネットを使えば売れると思うケースが未だにあるのだが、そんなことはない。もちろん、売れない原因がネットを使って解消できれば、ネットでどんどん売れるだろう。でも、たいていの場合、売れない原因は手段の問題ではなくて、商品そのものや企画に問題があるのだ。

商品に魅力がなかったらネットだろうと実店舗だろうと誰も買わない。インターネットは魔法の杖ではないので、商品が急に魅力的になるなんてことはないのだから。

あなたのビジネスに利益をもたらすお客さんはどこに?

ということで、なぜかつぶれないお店の裏には、ちゃんと利益が上がる構造あるということだ。一部、道楽を除いて。利益調整の場合もあるので、それも除いて。

ビジネスの利益を考えるにあたっては、お客さんは事業者か一般消費者か、の大きく2つに分けられるという視点を持っていると考えやすい。

事業者に売る場合は、その事業者が事業用に必要としているもので、取引量が多く利益額が大きくなるのが普通。個人向けに売るのとは、規模がだいぶ変わる。だから大きな利益を出そうと思ったら、事業者向けを狙うのが合理的。

あなたがやっているビジネス、これからやろうとしているビジネスのお客さんも意外と表からは見えないところにいるかもしれない。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

なぜ、客のいない小さな八百屋の経営がうまくいくのか?〜見えない利益〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 捨てないパン屋さんから分かるビジネスに必要な3つの要素

  • キャンセルや無駄を商機に変えるビジネス、起業の事例

  • スタンフォードの起業家による起業で失敗して倒産しないための3つの教訓

  • なぜ、新幹線車内販売のトップ売り子は常人の7.2倍も売れるのか?

  • サラリーマンが副業で稼ぐ、独立や起業を目指すならこの2つの戦略をもとに考える

  • Cargo、Uberに乗っかる「ツルハシビジネス」の秀逸な事例