1. TOP
  2. コラム
  3. 自信がなくても結果が出る方法

自信がなくても結果が出る方法

自信がなくても結果が出る方法

ビジネスを通して想像以上の未来を実現した人たちが登壇し、それぞれのスピーカーが熱弁してくれるという想像以上の未来カンファレンス。その中から自信がなくても成功するための方法を紹介したい。

ビジネスといっても様々だが、スモールビジネスが中心なので、普通の人が身近な事例を通してどう成長し、結果につなげていったのか?が分かる

話してくれているのは、地方で板金の仕事をしている男性だ。今でこそ、うまくいっているが、以前は商売がうまくいかなくなってしまい、来週のカレンダーの予定に仕事がなく、どうしようかとお客さんにも困るような状況だった。

何とかしようと思うのだけれど、どうにも前に進めない。いろんな本を読んだり、勉強をしたりと知識は得るのだけれど、

「うまくいかなかったらどうしよう・・・」
「本当にこれで結果が出るんだろうか・・・」

など、自信がなくてまったく行動ができなかったそうだ。
精神的に追い詰められて不眠になり、しまいにはメンタルクリニックに通うことになってしまった。

そこからどうやって復活していったのか?

なぜ、自信がない中、どん底から復活できたのか?

こちらのスピーチにて、実体験をもとに話をしてくれている。もし、あなたも彼と同様に

  • 自信がなくてなかなか行動できない
  • ビジネスをやりたいけれども、自信がなくてなかなか前に進めない
  • 何かやりたいと思うのだけれど、自信がなくて行動ができない

と思っているのなら、彼がどうやってきたのかという話が役立つものと思う。

自信と成果は直接関係しない

最大のポイントは自信と成果は直接関係しないということ。自信があるから結果が出る、と短絡的に思ってしまうことはないだろうか?確かに自信があれば行動しやすくなるから、それに伴って成果がついてくるというのは当然といえば当然。

しかし、成果の直接の原因は自信ではない。成果に結びつく行動したかどうかである。

要は自信があるから成果が出るのではなくて、行動するから結果が出るということだ。だから、いくら自信があっても行動しなければ、成果はついていこない。反対に、いくら自信がなくても行動すれば、成果はついてくる。

ザコキャラも武器を持ったら驚異的な強さになる

例えば、先日、映画スターウォーズを久々に見た。映画の中でデススターという宇宙要塞が登場するのだが、デススターにはとんでもない武器がある。星を破壊してしまうほどの威力をもつスーパーレーザーという兵器があり、映画の中で実際に星を1つ破壊してしまうシーンがある。

さて、そのスーパーレーザーを発射したのは誰だろうか?スーパーレーザーを発射したのは、いかにも雑魚キャラといえそうな自信もへったくれもなさそうな一般キャラである。もちろん、命令したのはトップの人間だが、直接操作したのは上官の命令にビクビクしている自信があるとは思えない普通の敵キャラである。

要はこの場合、ボタンを押す、という行動さえすれば、自信もへったくれもないということ。「自分は発射できるか自信がないので・・・」なんて言っていても、結果とは関係ないのである。

成果が直接関係するのは・・・

成果の出るやり方を知ってその通りに動けば、成果が出るということ。自信があろうがなかろうが関係ないのである。

結果を出すにはうまくいっている人から学ぶこと

だから、もし何かを成し遂げたいのなら、すでに成果を出している人たちから学んで、それを素直に実行することが重要になる。私は、そのおかげで規模は数百万円、数千万円から1億円くらいの売上げを立てることができた。

もちろん、ビジネスの場合は100%確実ということはないので、結果は出ないかもしれない。また、人によって前提が違っているので、確実にうまくいく保証はない。

が、すでに先人が試行錯誤してきていることを無視して自分の力でやろうとするのは結果を意識した場合、ただの遠回りだ。自分で考えるという過程で成長していくので、無駄とは言わなが、人から学んだとしても、その人と全く同じ状況にいることなんてあり得ないので、そのまま一挙手一投足、同じことをすることはできないのだから、どうせ考えなくては結果はついてこない。その過程で成長があって結果につながっていく。

自分で何かビジネスをすることのハードルは本当に高いのか?

「仕事」というのは誰でも初めからできるものではないのが当たり前。ゼロからであっても、新人で会社に入った人、あるいは新人で何かのアルバイトをやるようになった人、やる仕事はそれぞれだけれど、仕事のやり方を教えてもらえれば、たいていの人ができるようになる。

スモールビジネスを始めるというのは、さすがにアルバイトをするよりは難しいとは思うが、社会人が普通に毎日こなしている「仕事」と比べて、難易度に大きな差があるかというと必ずしもそうとは言えない。

右も左も分からない新入社員でも先輩社員に教わることで少しずつ仕事ができるのと同じように、ビジネスも先人の知恵があれば、少しずつできるようになっていくもの。

ビジネスと聞いて妙に構えてしまったり、難しいものと捉えてしまうと、「自信」を感じられないかもしれない。でも、やることをやれば、自信なんて関係なく結果はついてくるのだ。

マイナスな気持ちになって動けないなら

そうは言っても、会社に頼らず自分で何かビジネスをやるなんて、本当にうまくいくか自信がないし不安。それを乗り越えるのは難しそうだと思うことはあるだろう。自信はいらないと言われても、行動につなげるのは難しいというのなら、こんな方法がお勧めだ。

自信をつける or 取り戻すための簡単な方法

毎日、少しでも良かったと思えること、感謝できることを書き出してみるといい。感謝できることなんてない、と思ってしまう人も中にはいるのだが、相当な傲慢だと思う。日本という水道の蛇口をひねれば水が出て、しかもその水が飲め、スイッチを押せば電気がつくような環境にいて感謝できることが1つもないなんてことはないはずだ。誰だって誰かの世話になっているのだから。

感謝できると、マイナスな感情が追いやられて気持ちが変わって行動しやすくなる。

行動するときにフォーカスするポイントはコレ

また、自信をつけるために何かをしようとするのではなくて、日々の行動によって成長していくことにフォーカスするといい。自信がないからいろんなノウハウを手にしようとして、本やら教材やらをやたらと手に入れる人がいる。私もノウハウばかり求めたことがあるのでよく分かるのだが、結局、自信はつかず行動できない。

もちろん、成果を効果的に上げようと思ったら、ノウハウは大事だし、必要なものではある。が、そんなにたくさんのノウハウはいらないのが普通だし、ノウハウを持っていても自信はつくとは限らない。何でもいいので結果の出た方法を1つ、素直に実践する方が、いろいろとノウハウを集めるより結果につながる。いろんな人をビジネススクールの中で見させてもらった経験からよく分かる。

その方法で結果が出るか分からないから行動できない

本当にこれで結果が出るか自信がない、結果が出なかったらイヤだな、と思うから正解の行動をとろうと思ってなかなか動けなくなってしまう。結果を求めることは重要なのだけれど、フォーカスするポイントを成長に置いてみると変わっていく。

1つ行動すると少し成長する、また1つ行動する少し成長する、これを繰り返すことでやがて十分に成長して成果につながる。

行動しなければ、1mmたりとも成果にはつながらない。1つの行動がうまく結果につながらなくても、成長すれば、次の行動は前よりもクオリティが高くなる。だから、成長にフォーカスして行動を繰り返すことで、やがて成果につながるということ。

まとめると

ということで、想像以上の未来カンファレンスに参加して、話を聞いた中からこれからビジネスをやりたいと思う人のためにシェアをさせていただいた。

まとめると、

  • 自信と成果は直接関係しないということ
  • 結果が出る方法を素直に実践すれば結果はついてくる
  • 日々、少しでも良かったこと、感謝できることを書き出す
  • 成長にフォーカスして行動する

ということになる。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

自信がなくても結果が出る方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ビジネスネタで詰まる人の特徴と、面白いビジネスアイデアの事例4+1

  • セブンイレブンのトップが試食をする本当の理由が深い

  • 10年後の新しい仕事、培養肉と移動型農場 〜農業と食編〜

  • 日常から分かる商品が売れる売れないのちょっとした差の例

  • カフェ経営するならどっちのカップを選ぶ? 〜ビジネス力チェック〜

  • IoTのAmazonDashButtonで買い物してみた、何がすごいのか?