1. TOP
  2. コラム
  3. 国別でこんなに変わる「1時間」の価値

国別でこんなに変わる「1時間」の価値

国別でこんなに変わる「1時間」の価値

時給750円。これは、私が学生の頃にホームセンターでアルバイトをしていたときの時給。水戸の税務署でも繁忙期のときだけ一時的にアルバイトをしたことがあるが、そのときは時給700円だったような気がする。

東京じゃ最低時給に満たないが、田舎じゃこんなものじゃないかと思う。今は、多少は上がったような感はあるが、そこまで変わらない。

さて、あなたもご存じのとおり、時給というのは1時間あたりの労働に対して払われる金額。なので、時給750円ということは、1時間働くと750円もらえる。この場合の1時間の価値は750円になるということだ。

そこでこんな質問をしてみたい。

あなたにとって、1時間はどれだけの価値があるだろうか?

あなたは1時間はいくらの価値と考える?

プライスレス!というのはここでは、なしにしていただいて、もし、金額にしたら?と考えてみていただきたい。

いくらと考えただろうか?

日本人平均と海外3ヶ国の平均はいくらか

2007年の5月にカシオ計算機が日本、ドイツ、アメリカ、中国の4ヶ国にて、時間の感覚に関してアンケートを実施した。対象者は、20~40歳の男女(各国100名ずつ。ソースはこちらの日経BPの記事)。

その結果、日本人が考える1時間の価値は、平均すると9193円となった。ドイツは、263ユーロ(1ユーロ135円換算で、35,505円)。アメリカは、327ドル(1ドル120円換算で、39,240円)。中国は、649元(1元18円換算で、11,682円)。

まとめると、4ヶ国の1時間の価値は以下のとおり。

  • 日本:9,193円
  • ドイツ:35,505円
  • アメリカ:39,240円
  • 中国:11,682円

日本人が考える1時間の価値は、アメリカとドイツと比べると、実に4倍近い開きがある。

さて、あなたはいくらだと考えただろうか?平均値はあくまで平均という意味しかないので、いくらだろうとあなたには何の関係もないのだけれども。

あなたにとって時間とは?

国別でこんなに変わる「1時間」の価値

さて、時間って何だろうか?と考えると、命と捉えることもできるんじゃないかと思う。人それぞれ持ち時間は違うが、いつ終わるかは分からない。なので、自殺でもしない限り、この日に死ぬという予定を立てることはできない。

そもそも、あらかじめそのときを知ることができたとしても、あまり知りたくはないだろう。

最高の人生の見つけ方(The Bucket List)という映画の中で、こんなシーンがある。(最高の人生の見つけ方は、たまたま病室で居合わせた2人の高齢者が、余命半年から1年と医者から宣告され、残りの人生を2人でやりたいこと(バケットリスト)をリストアップしてそれを実行していくという話)

最高の人生の見つけ方のあらすじと感想、バケットリスト| IDEASITY

それは、主人公の一人が医者から余命半年から1年だ、と宣告を受けたときのシーンだ。

ある調査で1000人を対象にこう聞いた。

「自分が死ぬ日を知りたいか?」

96%が”ノー”と答えた

私は4%の方だった。

遺された日数を知れば開放される気がしたのだ。

だが実際はそうじゃなかった。
 
 
映画、最高の人生の見つけ方より

後悔することのないように生きたければ、自分が何を大切にしていて、どうしたいか?

ということをきっちり考えておく必要がありそうだ。

後悔したくないのならやりたいことを把握する

後悔しないためにも、最高の人生の見つけ方の主人公のように自分のやりたいことをリストアップするのはいい。1年に1回、1月1日になるとやるけれども、それっきりなんてことはないだろうか?

繰り返し書いたり、見返したりするのはお勧め。項目によってはもういいやと思えることもあるし、これはどうしてもやりたいと思うこともあって、自分のことがだんだんと分かってくるからだ。

そういえば、これ実現したな、なんてことも中にはある。もし、なかなか思いつかない場合は

  • 自分が大切だと思うこと
  • 他人や社会のためになると思うこと
  • お金、資産に関すること
  • 仕事、ビジネスに関すること
  • 健康に関すること
  • 成長に関すること
  • 家族に関すること
  • 人のつながりに関すること

といった思考の軸があると出やすいだろう。

バケットリストの例

ちなみに、先ほどの最高の人生の見つけ方という映画の中でバケットリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)として書かれている内容の一部はこんな内容。

  • 荘厳な景色を見る
  • 見ず知らずの人に親切にする
  • 泣くほど笑う
  • マスタングの運転
  • 世界一の美女にキスをする
  • 入れ墨を掘る
  • スカイダイビング
  • ストーンヘンジを見る
  • ローマを見る(行く)
  • ピラミッドを見る
  • タージマハルに行く
  • 香港に行く

価値観は人それぞれなので、どんな人生にしたいかも人それぞれ。私は、好きなことをやって楽しめるのが一番かと思っている。なので、仕事は仕事と分けるのもいいけれども、自分に合った好きなことが仕事になっていれば最高かなと思える。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

国別でこんなに変わる「1時間」の価値

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 数年で給料が半減する社員が続出!?大企業が年功序列を完全放棄し始めた

  • 2人の似た男の人生と、藤田晋さんが考える成長の早い人

  • ビジネスで役立つ心理効果(アンカリング効果、松竹梅)

  • ベンチャーなのに創業以来、残業ゼロで8年連続160%成長している会社

  • 徳田耕太郎、サムライのリフティング映像とビジネスのヒント

  • 他社商品が売れているかどうかを見分ける方法