1. TOP
  2. アイデア、発想
  3. 不便なのに売れる?不便益をビジネスにするという発想

不便なのに売れる?不便益をビジネスにするという発想

“不便益”という概念がある。不便益システム研究所によると、

不・便益ではありません。不便の益 (benefit of inconvienience) です。
不便で良かったこと、ありませんか?
引用:不便益システム研究所

とある。今は便利すぎてけしからんということでない。人工物が悪いとか、ノスタルジーに浸るような話でもなく、考え方の1つとしてなんでもかんでも便利だからいいというわけではないよ? ということを教えてくれる。

不便益のビジネス

ビジネスという視点から見ると、どうなるか? ということで思いつく事例をいくつか。

素数物差し

素数物差し
画像:不便益システム研究所

まずは、不便益システム研究所がつくった素数物差し。2013年の3月に販売され、販売から約2年後の2015年の4月の段階で2万本以上売れたそうだ。577円という価格もまた素数。個人的には素数には何の魅力も感じないが、素数好きな人にはたまらないだろうし、面白くて買う人もいそうだ。不便だけど益があるから買うということ。

刻印のないキーボード

overview_nokeytop
画像:PFU

パソコンのキーボードにはキートップに何も書かれていない無刻印のキーボードがある。個人的には何でそんなものが欲しいのか分からないが、好きな人が一定数いるから売られているわけだ。ブラインドタッチの練習用ということではなく、かっこいいうから買うという人がほとんどだろうと思える。こだわりがあるのだろう。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

ダイアログ・イン・ザ・ダーク
画像:DIALOGUE IN THE DARK

本当に全く何も見えない暗闇に入ってさまざまな体験をするのがダイアログ・イン・ザ・ダーク。「暗闇といってもちょっとくらいは見えるんでは?」なんて思う人もいるかもしれないが、全く見えない。行ってみたら分かるが目を開けても閉じても、見えるのは黒黒黒という状態で本当に何も見えない。目が見えないというのはこういうことか、と分からせてくれる。

めちゃくちゃ不便だが、その体験をあえてすることで、普段いかに視覚に頼っているかが分かるし、目の見えない人の気持ちがほんの少し分かるだろう。他の感覚が研ぎ澄まされる可能性もある。

これも不便だけれど、何かしらの益があるといえるんじゃないかと思える。そもそもお金払って体験するわけだし。

マニュアル車

shift-868980_640

イタリアやスペインなどヨーロッパは少なくともこの記事を書いている時点ではマニュアル車がほとんどだが、日本やアメリカではオートマがほとんど。シフトチェンジが面倒な人にとってみたらオートマのほうが便利でマニュアルは不便だろう。

しかし、マニュアルが好きな人にとってみたら、自分で自由に操作できるから運転しやすいと思えるし、操作している感がいいという人もいる。勾配があるとクラッチ切った状態で少し動くのが面白いなんてこともある(今は、後退を制御してくれる装置もあるそうだ)。

また、マニュアルだとエンジンブレーキの利きが全然違うし、アクセルとブレーキの踏み間違いによる誤発進はほぼ不可能なので、安全といえば安全。またAT車より燃費がいい(CVTのほうが良いケースはあるが)。

などなど益がある。個人的には車に乗っていた頃はマニュアルだったし、乗るならマニュアルがいいので不便だけれど益がある。

コーヒー豆

coffee-171653_640

コーヒーは粉にしてあるのがいい人もいれば、豆のままの人がいい人もいる。さらには生豆がいいという人もいる。一方で、缶コーヒーやコーヒー店で淹れてもらうのがいいという人も。

生豆でも焙煎のやり方はさまざま。ガスでやる人もいれば、電熱線でやる人もいる。また、焙煎された豆を挽かずに豆のまま買う人もさまざま。コーヒーミルはボタン押したら機械がやってくれるのがいい人もいれば、手動でガリガリ挽くのがいい人もいる。

便利さを考えたら粉で買うのがいいのだろうし、そう思う人も多いとは思える。豆を挽いて買っていく人もよく見かけるので。

個人的には、生豆のままではさすがに焙煎は面倒だし、あまり売っていないので焙煎された豆を豆ののまま買う。また、あのガリガリやっている感覚がいいので手で回すコーヒーミルを使っている。不便だけれど味があっていいし、感触もいいので益があるということだ。

その他

ビジネスとは直接関係ないが、パスワードなんかも似たようなものだろう。覚えるのが面倒だ、覚えきれないといってツールを使う人もいる。しかし、パスワードには忘れるリスクというのもあるので、ツールが使えなくなった瞬間アウトとなる。もちろん、ツールを使わず忘れてもアウトなので、どっちがいいかはその人次第だろうけれども。

まとめ

一見すると便利になることがビジネスになるのが当たり前と思ってしまうが、以外とそうでないということに気付かされる。価値の話を何度か書いたが、不便益というのは感情価値が伴うケースが多いように思える。
なぜ、お客のいなそうな街のそば屋が潰れないのか?(価値の話)

こんなところにも価値は潜んでいるということを知ると、違う視点で発想が生まれるだろうし、あなたのビジネスにも幅が出るかも。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女優が弁当を配膳してくれるプラチナランチから分かるビジネスの作り方

  • バーコードを使って起業した人、新規事業を立ち上げビジネスにした人

  • 個人が起業するなら安売り路線はやめたほうがいい理由

  • 私たちはこうしてビジネスをつくり、会社を立ち上げました

  • こうやって時代の流れに合わせて起業する、Airbnb周辺ビジネスの事例

  • こうして廃棄物がアイデア1つでヒット商品に変わった3つの事例