1. TOP
  2. コラム
  3. 2人の似た男の人生と、藤田晋さんが考える成長の早い人

2人の似た男の人生と、藤田晋さんが考える成長の早い人

2人の似た男の人生と、サイバーエージェント藤田晋さんの話

7年前、2人の若者がビジネスについて教えてくれるあるセミナーに参加していた。2人とも同じ年に生まれ、理系の国立大学を出て大手の会社に入った。また、2人とも地方の出身で自分でビジネスをやりたいという思いも共通していた。

そして、その後、念願叶って2人とも会社を辞めて独立を果たした。

一人は、そこそこうまくいって会社を作り、社長になった。7年後の今、一人社長として自由にやっている。

もう一人もうまくいって会社をつくり、社長になったのは一緒。が、違いもあった。

50人近くの従業員のいる日本の会社は、後任に任せて海外に飛んだ。年商もどんどん上がって10億円に近づいている。日本と海外を行ったり来たりして収益を上げながらビジネスを楽しんでいる。

何がここまでの違いを生じさせたのか?

それは、私が思うに失敗を怖れずにチャレンジした数だ。

人間、生きていれば、不安や恐れを感じない人はいないだろう。不安や恐れを感じても、どれだけそれらを脇に置いて行動をしてきたか。ここに違いがあるように思う。

サイバーエージェントの藤田晋さんが話した内容が参考になると思うので紹介したいと思う。「失敗力カンファレンス2014」というイベントの中で話された内容だ。

特に、若い人と話していると、起業する。
新しい事業にチャレンジする、挑戦するときに、
「でも、リスクがありますから」
とか言っている。
そのリスクの内容をいろいろ聞いていると、若いので失うものなんてほとんどないんですよ。

お金もどうせ持っていないし、そういう立場もない。
せいぜいがんばってきた学歴、僕にとってどうでもよさそうに見えるんですけど、そういうものを失うリスクだって言っているんです。

結局、本当は

・恥をかくのが嫌だ
・叩かれるのが嫌だ
・失敗したらばかにされるのが嫌だ

とたかだかそんなものをリスクと言っている。
そういうところを恐れずに挑戦していった人は、結局、先に先に経験を積んでいってしまう。

失敗力という意味でいうと、ある程度の失敗をしてメンタルを鍛え、経験を積み、ばかにされることを恐れない。
という人は、やっぱり若くして早く成長していってしまうというようなところはあると思います。
僕自身それを生かして20代を過ごし、30代を過ごし、40代になると多少……。

参考:http://logmi.jp/33349 ※一部、読みやすくするために改行を入れたり、文を区切ったりしている

人それぞれ置かれている状況は異なるので、リスクは変わってくるものとは思う。
でも、

The greatest risk is standing stll.
(最大のリスクは、何もしないで立ち止まっていること)

という言葉もある。

現状を何とか変えたい、理想の人生を歩んでいきたいと考えているのなら、是非、現状に甘んじることなく、共にチャレンジしていければと思う。成功する保証はないけれど、逆に失敗する保証だってない。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

2人の似た男の人生と、サイバーエージェント藤田晋さんの話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ベンチャーなのに創業以来、残業ゼロで8年連続160%成長している会社

  • 10年後の新しい仕事、培養肉と移動型農場 〜農業と食編〜

  • 徳田耕太郎、サムライのリフティング映像とビジネスのヒント

  • TED動画:救急救命士が語る、人が死ぬ間際に求める3つのこと

  • ビジネスアイデアなしで成功する人、あっても失敗する人

  • スプツニ子!というアーティストが一躍有名になった最初の過程