1. TOP
  2. コラム
  3. 起業できる人と出来ない人との間には、こんな違いがあった

起業できる人と出来ない人との間には、こんな違いがあった

起業できる人と出来ない人との間には、こんな違いがあった

2013年の1月。アメリカの西海岸で、あるビジネスが立ち上がった。そのビジネスを立ち上げたのはスタンフォード大学の学生3人。西海岸で起業と言えば、シリコンバレー。Google創業者をはじめ、様々な起業家を輩出しているスタンフォード大学もあり、IT関連のビジネスが生まれる印象が強い。
シリコンバレーでスタンフォードということもあり、新たなITのベンチャーができたかと思いきや、実は違う。

学生3人で起業したビジネスは・・・

学生3人が立ち上げたそのビジネスは、飲食店に代わってデリバリーするというビジネスだ。最初は大学近辺の地域に限って事業を行なっていたが、今では、同じビジネスモデルを複数の都市で展開するようになっている。

今回、彼らを取り上げようと思った理由は、これからビジネスをやろうと思っている人に役立つことが多いなと思ったから。

ということで、彼らがどうやって起業したかをかいつまんで書いていこうと思う。彼らのようにサクッとビジネスを始めてしまう人と、なかなか始められない人との間にはどんな違いがあるのか?という視点を持っていただければと思う。

起業のきっかけはこうだった

始めたきっかけは、大学の近くにあるマカロンを売る店のオーナーとの会話。そのお店ではデリバリーの要望があるのだが、配達の手段がないために、その多くを断っていたそうだ。

それを聞いた創業者達は、他にも似たようなことが起こっていないか100人以上の飲食店経営者に聞いて回った。結果、似たようなニーズがあることが判明。デリバリーを代わりにやってくれる人がいればな・・・と考えている飲食店がけっこうな数いたようだ。

「それじゃ、やるか!」

と彼らは思ったものの、ある疑問が頭をよぎった。

「こんなに単純なことをこれまで誰も思いつかなかったなんてことがあるのか?」
「もしかしたら、誰かがやったのに実は需要がなくて、頓挫してしまったのでは?」

という疑問だ。

起業できる人、できない人の違い 〜その1〜

ここで、違いが生じる。始められない人、うまくいかない人は、勝手に諦めてしまうのだ。まだ、そうと決まったわけではないのに。そして、儲かるビジネスはないか、あるいは自分のやりたいことは何か?ということを探す。そして、また疑問がよぎると・・・ということを繰り返してしまう。

彼らは違っていた。

「じゃあ、小さくやってみよう」

ということで、連絡先と何をするかしか書かれていないような適当なサイトを立ち上げた。そうしたら、注文が入ったのだ。しかも立て続けに注文が来た。これならニーズがあるんじゃないか?という確信が彼らの中に生まれ、どんどんビジネスを進めた。

起業できる人、できない人の違い 〜その2〜

ここでもまた、違いが生じる。やるならちゃんとしないと、考えていきなり最高のものを作ろうとするのである。そして、時間がかかっているうちに熱が冷める、あるいはできない理由が勝手に浮かんでくるなどして諦める。

彼らはそうなはなく、品質は最低限にしてまず小さくやってみたのである。また、彼らはまずは自分たちで何もかもやってみた。いきなり楽をしようとして外注やアルバイトを雇ってということはしなかった。結果、いろんなフィードバックを直接得られ、どうしたらよりよいサービスが提供できるか?がどんどん分かり、ビジネスが加速していった。

そのとき、初めから具体的にこんなプランで事業を大きくしようという案はなかったようだ。最初に、こんなサービスをやったら次はあれをやって、しばらくしたらこれだというような具体的なプランはなかった。

起業できる人、できない人の違い 〜その3〜

ここでも違いが生じる。先が始めから見えないと動けず、やらないという人がいる。彼らに言わせれば、どうビジネスが大きくなるかは、やってみて需要が高まってきてから考えればいいということだ。どんなニーズがあるのか分からないのに大きくできるか、ということだろう。

彼らが起業し業務拡大できている4つのポイント

彼らがやったポイントをまとめてみると、大きく以下の4つになるかと思う。

  1. やりたいことがあって何かを始めたのではない
  2. まずは小さく試してみた
  3. 自ら全てをこなし、積極的にお客さんからのフィードバックを得てニーズを探った
  4. 初めからどう大きくするかなどのプランは持たない

やりたいことがあって何かを始めたのではない

ビジネスアイデアがない、何をしたいのかが分からない、という悩みを持つ人はとても多い。

だが、彼らを見ると、やりたいことがあって何かを始めたのではないといとことが分かる。たまたま、需要があるなと思えたことをビジネスにしてみたのだから。となると、何をしたいかというのは、目の前に転がっている困り事を解決することと捉えてもいい。誰かの役に立つことがやりたいことだというわけだ。あるいは何でもいいので、とにかく何かしらビジネスを立ち上げたかった、というのがやりたいことの正体だったということもありえる。

あるいは、彼らにとってみたら何をやるかよりも、誰とやるかが大事だということだったのかも。これは、ビジョナリーカンパニー2を読むと分かるのだが、偉大な企業をつくった名経営者たちは何をやるかよりも、誰とやるかを重要視しているということ特徴があることが調査結果で分かっているので、なんら不思議はない。

どんなテーマ、アイデアでビジネスをやったらいいか分からないというなら、誰とやってみたいか?という視点を持つのは手だろう。

なお、ビジョナリーカンパニー2の中では、
「誰をバスに乗せるか?」
という表現で、何をやるかよりも、誰とやるかが重要だということを述べている。

あとはやってみなければ、面白いかどうかは分からないのだから何かしらやってみることだろう。彼らも、やっていくうちに面白くなっていって大きくしているように思える。

まずは小さく試してみた

いきなり、お金をかけて本格的にドカッとやるのはとてもリスキー。そもそも小さくビジネスをやろうといと人にとってはあまり問題はないかもしれないし当たり前と言えば、当たり前。だが、これだと思ったら一直線にガンガン進んでしまう人もいるので、まずは小さくは鉄則。

これも、偉大な企業つくった名経営者の特徴をまとめた良書、ビジョナリーカンパニー4に書かれていることからも分かる。本の中では、実証的創造力という表現で、小さく試して、うまくいけば、大きくやるということを表している。

私は、会社員としてソフトの開発をしているときにこれをやらずに失敗したことがある。開発していたプリンターが制御不能になり、延々印刷しっぱなしになってしまったのである。電源を引っこ抜いて物理的に止めて収まったが、そのせいで金曜に徹夜して土曜の16時くらいまで会社に残っていた。少しずつ試せばいいのに、過信してどんどん前に進めてしまったら、どうしようもなくなってしまったのである。

自ら全てをこなし、積極的にお客さんからのフィードバックを得てニーズを探った

生の声をちゃんと取るのは鉄則。特に実際にお金を支払ってくれた人の声が重要。見込みのお客さんと実際にお金を払ってくれた人の声の差は大きい。アレが欲しい、コレが欲しいと言うのは簡単だが、身銭を切るという行動の前には大きな壁がある。

なお、Amazonの創業者であり、トップのジェフ・ベゾスは未だにお客さんのメールをチェックしているようだ。ジェフ・ベゾスについてはこちらもどうぞ。
Amazonの成功の理由とあなたのビジネスを成功させるたった1つの方法| IDEASITY

初めからどう大きくするかなどのプランは持たない

どんな需要があるかは実際にやっなみないと分からないもの。なので、次の一手はできるだけ柔軟に選べるようにするためにも、あえて具体的にこうしたいというのは持たないほうがいいのだろう。あてがハズレると勝手に落ち込むこともあるかもしれないし。具体的にどう拡大していくかは、需要が分かってからでも遅くないし、リスクもない。

絶対法則は、ない

ということで、もしこれからビジネスをやるのなら彼らのやったようにするのも手だろう。結果を出すには、うまくいっている人の真似をするのが一番なので。ただ、どこまでいっても、あくまでこれは彼らのやり方だということ。良いとか悪いとかはないし、正しいとも言えなければ、間違っているとも言えない。1つ言えるとしたら、やってもいないのに勝手に諦めないということは絶対法則のようには思えるが。

今回の内容は、良いと思ったら取り入れたらいいし、納得できなければ従わなければいい。ただ、今と同じ考えで行動できていないのなら、同じ考えを持っている限り、堂々巡りだろう。いつだって自分の進む道は自分で決めるのが、ビジネスを志す者だと思うので。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

起業できる人と出来ない人との間には、こんな違いがあった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 商品を90度回転させただけで売上2倍!お金をかけずに売上アップさせた事例

  • サラリーマンがネットで副業からビジネスを立ち上げた事例

  • スタンフォードの起業家による起業で失敗して倒産しないための3つの教訓

  • 気の利かない店員?それでは仕事は減っても非効率になるかも……

  • アリの通販で月150万円の事例と起業で狙うべき市場

  • 世界一起業しやすい国はこの国、国別起業しやすさランキング