1. TOP
  2. ビジネス
  3. ビジネスアイデア
  4. これは酷い……と思えるアイデアで起業した変わった事例

これは酷い……と思えるアイデアで起業した変わった事例

これは酷い……と思えるアイデアで起業した変わった事例

さすがにこれはひどい……と思えるビジネスで起業する人もいる。といっても、悪意を持って人を騙そうとかそういうわけではない。それはもはやビジネスではないので。

使い方次第ではひどくないようにもできるしジョークにも使えるとは思うので、こんなアイデアでも起業できるということで。ある意味、斬新だ。

1つは開けると悲惨な目にあうプレゼント。もう1つはもらうと気分が悪くなりそうなプレゼント。

開封すると悲惨なことが起こるGlitter Bomb


「Glitter bomb(グリッター爆弾)」。グリッターは装飾用のキラキラ光るもの。銀粉とかラメみたいなのもの。

嫌いな人(敵)に対してグリッターを送りつけるサービス。上記の画像のように封筒が送られてきて封を開けたらグリッターが拡散するようにしている。嫌がらせしたいとか日頃の恨みを晴らしたいなんて人にはいいのかもしれない。

こちらのship your enemies glitter.comから申込ができる。オプションに生分解性プラスティックの選択肢がある。環境には配慮するけど、その人には配慮しないというメッセージにもなりそう……。

公式サイトによると、世界中に送れるようだ。なぜ送られたのか、本人に伝えるメッセージも同封可能。

もらうと衝撃が走るプレゼントDirty Rotten Flower

こちらは朽ち果てたような花束を贈るというこれまたすごいサービス、Dirty rotten flowers


サービス提供者への音声インタビュー(英語)

サイトには利用者の声が載っている。こんな感じで人のうらみを感じる……。

“I sent Dirty Rotten Flowers anonymously to a casting agent after I didn’t get a callback, and it felt awesome!”
– Jasmine (not my real name), 23, actress

配役のエージェットから連絡がなくひどく嫌な気分にさせられたので、匿名で送ってやった。 – ジャスミン(仮名)(23歳)女優

公式サイトのお客様の声より(日本語は勝手につけているので間違っているかも)

“My girlfriend literally left me a “dear John” note after I left for the office. She’s now shacked up with her trainer. I sent her the Morticia bouquet…and got the last word.
– Jonathan, 32, computer programmer

付き合っていた彼女が「ジョンへ」という手紙とともに文字通り私を置いていった。今、彼女はトレーナーと同棲している。モルティシアというブーケを最後の言葉とともに送ってやった。 – ジョナサン(32歳)プログラマー

公式サイトのお客様の声より(日本語は勝手につけているので間違っているかも)

一方でこんな声も。

“I sent the Morticia to someone I really, really hated…and he has never stalked me again.”
– Alyshah-Rae, 27, mail carrier

モーティシア(商品名)を本当に心の底から嫌いな奴に送った。その男は二度とストーキングすることはなくなった。 – アリーシャ・レイ(27歳)郵便配達員

公式サイトのお客様の声より(日本語は勝手につけているので間違っているかも)

“I sent the Still Alive bouquet to five of my closest friends after a health scare. They were really happy to get them.”
– Winston, 31, yoga instructor

健康が脅かされるような状態になった後に、ブーケを5人の親しい友だちに送った。彼らはそれを受け取ってとても嬉しく思ってくれた。 – ウィンストン(31歳)、ヨガインストラクター

公式サイトのお客様の声より(日本語は勝手につけているので間違っているかも)

使い方次第という面はあるが、あまり気持ちの良い結果はもたらさないようには思える……。

まとめ

ということで変わったビジネスで起業しているという話。

他にも呪いの代行とか、縁切りとか、その他いろいろとこの手のはあって、そういうニーズもあるんだろうなと思える。あまり具体的なものを出すのもどうかと思うような気がするので、関心ある人は調べてみるといいかも。

その他の変わったビジネスなどはこちらからどうぞ。

  • 便所サンダル起業
  • 「怒り」を商品にして起業
  • 「死」に関わる変わったビジネス
  • キャンセルや無駄を商品にしたビジネス
  • バーコードを商品に
  • 流れに乗っかる「ツルハシ」ビジネス
  • などなど。

    自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

    自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

    例えば、

    • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
    • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
    • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
    • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
    • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
    • 副業で始めやすいビジネスとは?
    ……等をお送りします。

    \ SNSでシェアしよう! /

    注目記事を受け取ろう

    これは酷い……と思えるアイデアで起業した変わった事例

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

    関連記事

    • あなたの中に起業の種はある、自分の強みをもとにしたビジネスの例

    • 起業のビジネスアイデアを生み出す10個の方法

    • なぜ、平凡なアイデアで9億円も資金調達できたのか?

    • 起業の失敗を極力減らして売れる商品・ビジネスアイデアを見つける方法

    • 一風変わった「死」に関する代行業3つ、散骨代行、葬儀参列代行、墓参り代行

    • 茂木健一郎氏が明かすアイデアが生まれやすいのはこんなとき