1. TOP
  2. ビジネス
  3. ビジネスを創る
  4. 起業するにはどれくらいの資金がいる?

起業するにはどれくらいの資金がいる?

起業するにはどれくらいの資金がいる?

起業といっても様々。何をするかによって必要な金額はだいぶ変わってくる。ネットを使って金銭的なリスクを抑えたとしても、ネットショップで在庫を持つとしたら、その商品の仕入れ分のお金が必要になるし、もし資格が必要なものを売るのなら、その資格取得のためにお金が必要になるかもしれない(資格なんてなくても、たいがいのものは売れるが)。

このサイトで推奨するのは低資本でできるスモールビジネス。数千円から1万円もあれば十分始められるようなもの。例として私自身がやったことをもとに書いてみる。1人でやったのではなく、複数人で始めたものもあるので、あまりおおっぴらには書けないが、参考にはなるだろう。

私がやった例と何が必要だったか

私が最初に手がけたのはスポーツ関連のビジネスだった。その道の先生がネット上で動画をもとにいろいろと教えてくれるサービスを立ち上げ、DVDを販売したり、個人指導のお客さんを集客したりといくつか商品やサービスを用意した。

始めるにあたって必要な資源は、PCと先生、動画を撮影するカメラ、動画を編集するソフトくらい(※注)。PCはもともと持っていたし、先生との契約は利益が出たときに払う契約にしたので、最初に支払いはなかった。

では何にお金がかかったのか?

※注
ちなみに、それまで撮影なんてしたこともなかったし、動画編集なんて一度もやったことはなかった。これは自慢したいのではなく、誰でもできますよ、ということ。

重要なのは動画の見た目の質ではなくて中身なので、最低限、普通に見られれば十分だ。映画ではないので、そこまで映像にこだわる必要はない。最初は家庭用のビデオカメラだったし、デジカメの動画モードで撮ったものもあった。今でこそ、業者にお願いしたり、別途マイクを使ったりはするが、その当時はマイクを別途用意するという発想すらなかった。

売り出しまでにかかった費用

最初は在庫が必要になるDVDは作らずに、ネットで完結する会員サービスのような形で売り出した。今だと、オンラインサロンなんかはシステム利用料だけでできるので、さほどお金はかけずにできるだろう。サロンでなくても、WordPressを使えば、プラグインで会員制サイトは作れるし、そもそもWordPressがなくてもOKだ。

ということで、ドメインを取った費用と維持費が年間1,000円くらいと、レンタルサーバの代金が月に500円くらいが最初にかかった費用。どちらもランニングコストではあるが少額だ。そして、動画編集をするために買ったソフトが12,000円くらいで、あとは移動に使った交通費くらいだ。

別に会社なんて作らなくていいので、個人事業としてサクッと始めた。販売用のページは無料のテンプレートをもとにエディターで編集して自作した。今はCrowdWorksやLancersといったフリーランスが集まっているサービスがあるので、価格はピンキリだし、どんなサイトにするかにもよるが、5万円もあれば、最低限売れるようなページはつくってもらえるだろう。

まとめると、こうなる。

  • ドメイン代(約1,000円/年)
  • サーバーレンタル代(約500円/年)
  • 動画編集ソフト(約12,000円)
  • 交通費
  • ホームページ作成(無料のテンプレートなので0円)

売り出したときにかかった費用

いくら販売用のサイトをつくったとしても、それだけでは売れないのが普通。誰もその商品も販売サイトも知っている人がいないのだから当然だ。知らない物を買うなんて不可能なのだから。

まとめるとこうなるが、ほとんどが広告費ということになる。物を届けるのなら、原価または仕入れの際にかかる費用、送料もかかるが、最初はオンラインで商品提供したので、それらはゼロだった。

  • 広告(数千円〜数万円)
  • 決済手数料(価格の4%前後)

広告費

なので、関心のある人に認知してもらう必要がある。そこで、ネットに広告を出した。何を売るかによって出す広告媒体は変わってくるので、一概には言えないが、例えば、Googleの検索結果やブログなどに出す広告(AdWords)、Yahoo!の検索結果やブログなどに出す広告(Yahoo!プロモーション広告)、Facebook広告など。Twitterでもメルマガでも何でもいい。

これは、最初は数千円から数万円で出稿した。最初にかけた金額は覚えていないが、まずは1万円くらいでどうなるかやってみようといった感じだったと思う。会社を辞めて収入がなくなっていたので、慎重だった。

広告に関してはどのくらいお金をかけるものなのか?どうやって出すのか?など、いろいろと疑問に思う人が多いので、別途まとめる予定。

決済システムの使用料

決済は代行会社を使ってクレジット決済ができるようにしたので、売れたときに手数料が数パーセントかかった。

決済についてもっと具体的に書いておくと、最初は、クレジットカード払いか銀行振り込みにした。個人事業主がカード決済をやろうと思ったら、当時はPayPalくらいしかなかったので、初めはPayPalを使った。今はSPIKEなど手数料が一定の水準までかからないサービスもあるので選択肢は広がっている。

あとはサービスといえるかば分からないが、銀行振込。銀振は全国相手なら、都市銀行や地銀だけでなく、ゆうちょもあると親切。確認が面倒だが。その後、DVDを販売した際には、代金引換も使った。

今、手がけている事例(アフィリエイト、販売代行)

今、手がけているものの1つは、ネットでの販売代行。仕入れて売る必要はなく、成果報酬として売れた分だけもらえる。いわば、アフィリエイトだ。

ただ、単に紹介して終わりでは、単発で終わってしまうし、販売代行をしている商品がなくなったら売れなくなってしまう。なので、長く収益が得られるようにしていく算段をもって取り組んでいる。

この辺りは、アフィリエイトを交えて別途、また記事にしようと思う。

ところで、アフィリエイトというとネットには情報があふれていて、サイトをたくさん作りましょうとか、今はオウンドメディアだ、とかトレンドに載せてブログをつくるだとかいろいろとある。

それらの情報に左右されて混乱してしまう人もいるが、要は販売代行に過ぎない。昔からあるやり方だ。ネットで代理店をやるということなのだから、特殊なものでもなんでもない。

かかる費用

この場合も、ドメイン代とサーバー代がランニングコストとしてかかるだけで、あとは広告費くらい。紹介だけなので、決済に関しても手数料がかかることはない。仕入れもなく、広告費も売れたらもらえるので、売れなければ1円にもならない。売れれば、実績に応じていくらでももらえる。

リスク低く個人がビジネスをやる上で考えられる費用

ビジネスといっても実に様々な種類がある。なので、ここでの前提は冒頭でも書いたとおり、個人がリスクを抑えて小資本でやれるものを、そして会社員が副業でもできるように、時間と場所に縛られにくいモデルを想定する。

すると、だいたい概ねこのくらいかなと思える。

  • ブロガーモデル
  • アフィリエイトモデル
  • 広告モデル
  • 転売モデル
  • コンテンツ、自分モデル

※それぞれのモデルに関してどんなものなのか、メリットやデメリットは何があるのか?などは別途、記事を用意する予定。

ブロガーモデル

ブロガーといってもブログに記事を投稿するだけで広告収入でまかなっている人もいれば、自分のサービス(セミナーや講座)を販売している人、両方をやっている人と様々。ただ、たいていの場合に共通するのは、仕入れなどの費用がないということ。

ドメイン代とサーバ代だけで済むケースも多く、月に数百円からでも始められる。サーバのグレードを考えないと、アクセスがたくさん来たときにサイトが表示されなくなるので、ケチらないほうがいいが、初めからアクセスは来ないのが普通。それに月1000〜1500円くらいのサーバで、けっこうな量はさばける。そのサイトによって変わるので何とも言えない面はあるが、30万とか50万PVくらいならいけそうな感がある。

ということで、こんな感じだろう。

  • ドメイン代(約1,000円/年)
  • サーバー代(約1,000円/月)

アフィリエイトモデル

アフィリエイトといってもやり方はたくさんあるので、なかなか一括りにするのは難しいが、ブロガーと同様にお金をかけずにやれる方法もあるし、外部委託で記事を書いてもらって、たくさんのサイトをつくるやり方もある。あるいは、広告を出してアクセスを集めることもある。

記事を書いてもらうには、どんな内容かにもよるが一記事数百円で、そこそこの記事は書いてもらえる。私が運営している他のサイトでは500円で1000文字くらいを書いてもらっている。

ということで、こんな感じだろう。

  • ドメイン代(約1,000円/年)
  • サーバー代(約1,000円/月)
  • サイト制作費(やり方による)
  • 広告費(やり方による)

広告モデル

個人だとGoogle AdSenseあたりを使うのが主流のように思える。要は自分のブログなどに広告を貼って収益を得るということ。Googleに申し込めば済むので、簡単に始められる。ただ、そこまで収益性はよくないので、趣味で月に数万円くらいと思った方がいいとは思う。

ちなみに知り合いとまではいかないが、何かの食事会で一緒になった大阪のデザイン会社の社長は、年間3000万円くらいAdSenseで収益が上がるそうだ。その代わり、1千万円単位で維持費がかかるそうだが、それでも黒字だ。要は、けっこうな額にもなり得るということ。

ということで、費用がかかるのは、こんなものだろう。

  • ドメイン代(約1,000円/年)
  • サーバー代(約1,000円/月)

転売モデル

安く仕入れて高く売るというのが転売。日本国内だけでやる場合もあるし、海外で仕入れて(輸入して)日本で売る、あるいは、日本で仕入れて海外で売る(輸出)場合もある。

知り合いはAmazonをメインに月商2,000万円くらいをAmazonで販売している(1人ではなく3,4人でやっているので、最初の前提とは反するが、一人でも数百万円はいける)。

自前でサイトを持つのではなく、AmazonやeBay、ヤフオク、今ならメルカリなどすでに用意されているプラットフォームでやる場合人が多いように思えるので、使用料がどんなプラットフォームを使うかによっていくらかかかってくる。

売れてから仕入れるということもできるので、お金が入ってから仕入れることも可能。その場合は、初期費用はほぼかからない。ただ、それだとスピーディではないし、物も限られてくるので、最初のうちだけかなとは思う。ある程度、勝手が分かってきたら先に仕入れて売るという普通の商売と同じになる。

あとは、売れたら配送が必要になるので、配送料もかかる(送料としてもらい受けるとは思うが)。

ということで、こんな感じになる。

  • 仕入れの金額(物による)
  • システム使用料(使うサービスによる)
  • 配送料(ものによるが数百円/個)

コンテンツ、自分モデル

私が最初にやったような形でコンテンツを販売する場合、やり方によってはほとんどお金をかけずに始められる。

自分モデルと書いたのは、自分を商品とするため。要はコンサルティングをしたり、何かを教えるなど自分を売る場合だ。この場合、原価はかからないので、お金をかけずに始めることができる。

その他

あとは、ビジネスというか仕事を持つようなものだが、CrowdWorksやLancersなどに登録して受注するやり方もある。個人で仕事を請け負って空いた時間にやるということもできる。一時的に雇われるようなものだろうから、お金をかけずとも始められる。

他、NaverまとめやYouTubeで稼ぐ人もいるが、いずれもお金をかけなくてもやることは可能だ。Airbnbで自分の部屋を貸して収益を上げる、なんて人もいる。

まとめ

ということで、個人でやるとしても実に様々なやり方があるが、初期費用で数千円から数万円、ランニングコストで月数百円からでも十分に始めることはできる。金銭的なリスクはだいぶ抑えられるので、どんどんチャレンジするのも手だろう。

自分の好きなことをビジネスにするためのヒント

自分の好きなように、そして自由に生きるためにどうやってビジネスをつくっていけばいいのか? をテーマに、事例や最新のビジネスの動向、時代の流れなどを無料メルマガにてお伝えします。

例えば、

  • その辺にあるただの石ころをビジネスに変えて、億万長者になった男のやったこと
  • 個人がリスクを抑えて副業からでもビジネスを始める方法
  • ネットを使ったビジネスの種類とメリット・デメリット
  • 言葉ひとつで収益をガツンと上げた事例
  • 好きなことをビジネスにできる人、できない人の違い
  • 副業で始めやすいビジネスとは?
……等をお送りします。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

起業するにはどれくらいの資金がいる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 成功する起業のビジネスアイデアを生み出すために役立つ5つの視点

  • 起業するには0→1だけとは限らずいろんな方法がある

  • 副業から会社を辞めて起業した例7選と、うまくい人いかない人の違い

  • 起業したい?だったら「便所サンダル」ネタで起業した男の話は知っておいた方がいい

  • アリの通販で月150万円の事例と起業で狙うべき市場

  • 7歳で起業した生粋の起業家がやってきたビジネスの事例、TED動画より